不動産売却で建物にかかる消費税について

不動産売却では、土地については売却によってどれだけ代金を得ても消費税が課税されることはありません。しかし、建物については、ケースによってこの税を納税しなければならなくなるケースがあります。

個人の不動産売却の場合、事業目的で所有していない建物を売却したときに消費税が課されることはありません。この税は、事業者が事業として取引や資産譲渡などを実施したときに課税されるため、マイホームやセカンドハウス、別荘などといった建物を売却したしても、得られる収入が消費税の課税対象となることはなりません。しかし、売却した物件が店舗やビル、賃貸住宅などといった事業用の建物だった場合は、売買代金が課税対象となってしまいます。一方、法人の不動産売却では、そもそも法人が事業の実施を目的としてつくられるものであることから、どのような不動産を売却したとしても売買代金は課税対象となります。

ただし、課税対象となっている不動産を売却したとしても、消費税を納めなくても良いケースがあります。この税は、個人の場合はある年の前々年および前年の1月から6月までの半年間、法人の場合は前々事業年度および前事業年度の最初の6ヶ月間に課税売上高が1,000万円を超えていなければ納税義務が免除される仕組みになっています。2事業年度分の売上高が免税に関係してくるので、不動産売却をした年に他の売上とあわせて1,000万円以下に抑えられたとしても、翌事業年度が開始から好調に推移していれば、半年で基準額を上回る可能性があるので注意が必要です。
関連

プロミスの審査は電話申し込み可能?

大手消費者のプロミスでは店頭窓口や無人契約機といった実店舗からの申し込みが可能なのはもちろん、最近ではスマートフォンからのウェブ申込みにも対応しているので、忙しくて店舗への来店が難しい日という人でも気軽に申し込みができるようになっています。
しかし、インターネットでの操作が得意ではないという人やスタッフと相談しながらプロミスに申し込みをしたいと考える人も居ることでしょう。そのようなケースの場合、どのような申込方法がベストなのでしょうか。

プロミスでは専用の申し込みダイヤルが完備されており、電話からの申し込みにも対応しているので、ネット申し込みに抵抗がある人は電話申し込みをすると良いでしょう。
プロミスでは通常の申込用の番号に加えて、女性スタッフが対応してくれる女性のためのダイヤルも用意されているので、キャッシングを初めて申し込む女性でも安心できるようになっています。

申し込みの際は電話口で年齢や職業など審査に必要な情報を告げ、その情報を元に審査が行われます。その際にはインターネット申し込みや店舗申し込みと同様にプロミスから職場に在籍確認があるので、しっかり心構えをしておきましょう。

無事に審査を通過したあとは、来店もしくは郵送にて契約完了のための手続きとカード発行をしてもらうことになります。郵送手続きの場合はカードの発行までやや時間がかかるので、急いでキャッシングをしたい場合には、来店しての手続きがおすすめです。
プロミスの借り方|審査に通ってお金を借りるポイント【まとめ】はこちら

利用は計画的に!意味がある借入をしよう

キャッシングなどの利用は計画的にと言われますが、これは意味なくお金を借りないということがまず基本となります。
お金を借りる理由というのは様々なものがありますが、本当に借りなければならないのかということを一回冷静になって考え直す必要があります。
多くの人が必要もないのに借入をして、その結果として借金に苦しむというのは珍しくありません。

例えば、たまたま出費が重なった時に出張などが入って現金がないという時に借入をするというのは立て替えるお金ですから、返済に苦労をするということもなくそれほど問題のある行為ではありません。
しかし、浪費をした結果として生活費がなくなった、遊ぶお金がなくなったと言ってお金を借りるのは無計画ですしそのような使い方をしていれば、返済がすぐに難しくなってしまうものです。
普通に生活をしていても、様々な事情でお金が足りなくなって借金をするというのはおかしなことではありませんが、そのようなときにも必要以上のお金を借りないことが大切です。

お金はあって困ることはありませんから、借りる際に少し大きめの金額で借りるという人もいますが不要なお金を借りるというのは無駄遣いをしてしまう原因となってしまいますし、その分余計な金利が発生するので計画的に利用をすることを考えると必要最低限の金額を借りることが大切です。
借金というのは必ずしも悪いものではなく、使い方次第では便利なものですがリスクもあるものなので計画的の意味をよく理解して利用をしましょう。おまとめローン銀行なども同様に考えて利用していきましょう。

他社の借り入れが多いとキャッシングの審査に通らない?

他社からの借り入れが多いとキャッシングは通らないかというと、これは十分にありえることです。
貸す方からすれば相手がお金を返してくれる見込があるかどうかということで、融資をするわけですから他社にすでに大きな借金があるとなれば返済をしてもらうことはできないのではないかと考え、審査も厳しくなってしまうものです。

もちろん、借りている金額も大きいけれども収入も多いという人であれば返済ができる可能性は高いので他社にある程度借金があってもキャッシングの審査を通過できる可能性はありますが、それでも他社からの借り入れがあって有利になるということはありません。
基本的に業者側というのはその人間はいくらまでの借金を返済することができるかという点で融資をするかどうか決めるので、他社に借金があったとしてもその上限に達していないと判断すればそこまで融資をすることもありますし、すでに上限に達しているとなれば審査に通らないということになります。

どこの業者でいくら借りたかということよりも、その人が総額でいくらの借金があってどの程度まで返済をすることができるのかということが鍵となってくるため、余力があると判断されれば融資が受けられますしないとなれば融資を受けられないという極めてシンプルなものとなっています。
そのため、他社からの借り入れが多いとキャッシングの審査には通らないというのは、あながち間違ったことではないと考えておいて問題はありません。
関連

消費者金融とキャッシングの違いについて

消費者金融とキャッシングは似たところと相違点の2つがあります。どちらも審査に通れば、お金を借りられるようになるのですが、キャッシングは消費者金融の会社だけではなく、銀行も業務にしています。主に銀行と消費者金融、信販系の3つの会社がキャッシングを業務にしています。信販系の会社は消費者金融と共通点が多いです。
銀行によるキャッシングは審査が厳しいです。主婦やパート、アルバイトの方はお金を借りることができない場合があります。また審査に時間がかかることがあり、即日の融資は難しいときがあります。金利は低めなので、返済の時は楽です。他には年収証明の書類を提出しなくて良いメリットがあります。金額が大きくなったら、提出しなければならないのですが、概ね100万円以下のお金を借りる時は提出は求められません。
消費者金融のキャッシングは銀行系にくらべて、審査が緩やかです。パートやアルバイト、主婦の方でもお金を比較的自由に借りられるようになります。また融資までの時間が早くて、午前中に申し込んだら、午後には借りられるようになる場合があります。ただし、金利は高めで返済の時に苦労する場合があります。会社によって違いはありますが、金利は18%台のことが多いです。年収証明の書類の提出は必ず求められます。特に50万円以上のお金を借りる時は、給与明細などの年収を証明する書類を提出しなければなりません。ただし、少額のお金だったら、年収証明の種類を提出する必要はありません。