消費者金融とキャッシングの違いについて

消費者金融とキャッシングは似たところと相違点の2つがあります。どちらも審査に通れば、お金を借りられるようになるのですが、キャッシングは消費者金融の会社だけではなく、銀行も業務にしています。主に銀行と消費者金融、信販系の3つの会社がキャッシングを業務にしています。信販系の会社は消費者金融と共通点が多いです。
銀行によるキャッシングは審査が厳しいです。主婦やパート、アルバイトの方はお金を借りることができない場合があります。また審査に時間がかかることがあり、即日の融資は難しいときがあります。金利は低めなので、返済の時は楽です。他には年収証明の書類を提出しなくて良いメリットがあります。金額が大きくなったら、提出しなければならないのですが、概ね100万円以下のお金を借りる時は提出は求められません。
消費者金融のキャッシングは銀行系にくらべて、審査が緩やかです。パートやアルバイト、主婦の方でもお金を比較的自由に借りられるようになります。また融資までの時間が早くて、午前中に申し込んだら、午後には借りられるようになる場合があります。ただし、金利は高めで返済の時に苦労する場合があります。会社によって違いはありますが、金利は18%台のことが多いです。年収証明の書類の提出は必ず求められます。特に50万円以上のお金を借りる時は、給与明細などの年収を証明する書類を提出しなければなりません。ただし、少額のお金だったら、年収証明の種類を提出する必要はありません。